上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年下半期20選など、この時期には1年を振り返って順位を付けることが多いですよね。
そこで自分も何か振り返って見ようかと思ったのですが、自分が詳しいく書けるのは競馬とアニメくらい。

なので競馬のベストレースを選んでみました!
では,、私が選ぶ2010年ベスト重賞レースはこちら↓


10位 毎日王冠 アリゼオ

正直、レース自体はイマイチでした。
逃げるシルポートが直線で外に開いたせいで、ただでさえ内しか伸びない東京競馬場が
さらに内有利な展開になり、内にいた3頭が1~3位になっただけのレース。
ですが、その1、2着馬が3歳馬のワンツーで決まり、そして1番人気も3歳馬だったこのレースをきっかけに
今年の3歳馬ってレベル高いんじゃんね?と知らしめたレースでもあったわけです。なので選んでみました。

9位 プロキオンS ケイアイガーベラ

好スタートから先頭に立ち、そのまま逃げ切り勝ち。ケイアイガーベラの強さが目立ったレースでした。
1400の外枠なら本当に強いですねこの馬。

8位 チューリップ賞 ショウリュウムーン

阪神JF勝ち馬アパパネの始動戦。アパパネを差し切ったのは同じキンカメ産駒のショウリュウムーンでした。
そして3着にもキンカメ産駒のエーシンリターンズが入りワン・ツー・スリー。
このレースを含め、この週はキンカメ産駒が大暴れで、キンカメ時代の到来を感じさせる一戦でしたね。

7位 福島記念 ダンスインザモア

ディープ世代のダンスインザモアが5年8ヶ月ぶりに重賞を勝ったこのレース。
福島は開催が進むにつれて馬場が荒れ、外差しが度々きまる。ペースが早くなる重賞だと特に
最後方にいたダンスインザモアがまくり気味に上がっていき豪快に差し切った。
ハマれば強いダンス産らしい、いいレースでした。

6位 中山金杯 アクシオン

サンデー最後の世代アクシオンが勝った中山金杯。
まだまだサンデーもやれると感じさせてくれたレース。ですが最近の成績を見てると…
サンデー産最後の勝利になるかもしれませんね。

5位 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス ダノンバラード

ウインバリアシオン、オールアズワンが先に動く中、じっくりと溜めてゴール前測ったように
差し切ったレース。サンデー産全盛期のレースを見ているかのような武豊騎手の騎乗っぷり。
出世レースを勝ったことにより、今年のクラシックが非常に楽しみな馬ですね。
べ、別にPOG馬が勝ったからって選んだ訳じゃないんだかね!

4位 セントライト記念 クォークスター

逃げるヤマニンエルブに追うクォークスター。
ゴール前差し切るか残るかの見どころのあるいいレースでした。
サッカーボーイ産駒のヤマニンエルブを菊花賞で見たかったですね。


3位 スプリングS アリゼオ

そんなにスタートが早かったわけではないが、押して前へ行き逃げ切ったこのレース。
瞬発力勝負では分が悪いシンボリクリスエス産のお手本のようなレース
絶好調だった横山騎手のナイス騎乗でした。

2位 NHKマイルカップ ダノンシャンティ

東京競馬場は内を通った馬がよくくるコース。このレースも勝ち馬以外は内通った馬が上位に来ていた。
そんな中、ペースが早かったとはいえ、外から一頭だけ飛んできたダノンシャンティ。
先に抜けだしたダイワバーバリアンを豪快に差し切る勝ちっぷりは最高に強かった。
馬券も◎→○で決まり最高の結果になりました。


1位 オークス アパパネ&サンテミリオン

そして1位は、GⅠ初の同着になったオークス。
道中は前にいたサンテミリオンが先に抜け出し、外からアパパネが交わして勝負がついたかとと思えば、
そこからさらにサンテミリオンが差し替えしてそのままゴール。
◎サンテミリオン○アパパネだったのだが、サンテミリオン2着固定の馬券しか買っておらず
祈るように結果を待っていたら、結果は……同着。
同着の驚きよりも、馬券が外れなくてよかったと安堵したのが先でしたw




選んでみたら結構偏ってますね。別に好きな馬じゃないけど、アリゼオを2つ選んだりw
あと、馬券を取ったレースは基本的に好きです。なのでこの1位2位になりましたw
今年の競馬はもう始まっていますが、好きなレース(馬券を取る)レースが多くなることを望みます。
Secret

TrackBackURL
→http://logic32.blog31.fc2.com/tb.php/418-da32153a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。