上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.23 菊花賞
明後日の日曜は菊花賞です。
コツをつかんでるレースだと自分では思っているのですが、去年は豪快に外しましたw
去年書いた記事を振り返って見ます。

>つまり、中距離の重賞で実績があって、キレる脚はないけどジワジワ伸びるような馬が狙いなわけです。
>具体的に言うと、神戸新聞杯で前で競馬してキレる馬に差された馬が巻き返す、それが菊花賞。
>例)アサクサキングス(きさらぎ賞勝ち)、アドマイヤジャパン(京成杯勝ち)、ザッツザプレンティ(ラジ短勝ち


基本的にはこのスタイルでいいと思うのですよ。
今年の該当馬は、1800mのきさらぎ賞勝ち、神戸新聞杯で逃げるもイコピコに差されたリーチザクラウン。
人気ですねw 下手したら一番人気。う~ん、他にいい馬いないかな?ちょっと探してみましょう。


とりあえず血統に注目。毎年サンデー系が絡んでますが、今年は10頭
ダンス、ネオユニ、マンカフェ、スペシャル、ステゴ、タキオン。

得意なのがダンス産駆。自身も菊花賞勝利、産駒も2勝2着1回と得意にしてます。
スリーロールス、フォゲッタブル。どちらもおさえて損はないでしょう。

去年2着フローテーションの父スペシャルウィーク。リーチはいいとして
トアイアンフマーチは母キョウエイマーチで距離がどうなんでしょう。母父ダンブレでいかにも一発ありそうで怖いのですが。

自身も菊花賞を買ったマンハッタンカフェ。
アントニオバローズは喉なりが心配なので買いづらいですね。
イコピコは中距離向きの切れる馬の印象。菊花賞ではこないタイプ

アグネスタキオン
アドマイヤメジャーは前走で負けで差せなかったのが逆に買いたい要素

ステイゴールド
ナカマヤフェスタは右回りだと若干の不安があります。

母父サンデーの2頭
ポルカマズルカは牡馬だと面白いんだけどな~w
セイウンワンダーは切れるマイラーでしょう。



気になるのはいるけど、これといって強調する存在もなし。
リーチの相手を手広く拾うのがいいかもしれません。
Secret

TrackBackURL
→http://logic32.blog31.fc2.com/tb.php/372-d7e97bad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。